2017.09
«1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/»

--/--/--(--)スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017/12/31(Sun)【仮】オーラソーマコンサルテーションのご案内

2016.5.31 追記
現在オーラソーマコンサルテーションの受付をストップしております。
案内記事をたどってこちらのページへおいでになった方にはお詫び申し上げます。
再開したらこんな感じでやりますよ、
という意味でこちらの案内ページは残しておきます。







more»

スポンサーサイト

2017/03/03(Fri)クリアーだって色である





私にとって1本目に大天使メタトロンやセラピスベイを選ぶことはある意味勇気のいることだ。

何故かというと、

今までにクリアーやディープマゼンタを選び『あなたには愛がない』『あなたは自分のこと何もわかってない』に始まり、
私がこれまで自分と向き合ってきた中でつかんだものを話しても『そう言ってるけどあなたは自分を否定している』と言われたりとか『流されない涙が溜まっている』と言われたりとか、こう、なんというか、

クリアーやディープマゼンタのボトルを選ぶあなたは癒されていない人、自分がわかっていない人

扱いをされることが多かったからだ。

大事なことだから再度言いますが、1本目に選んだボトルの話です。

まあね、これが2本目ならね、わかるんですよ、そう言いたい気持ちは。
(それでもそれを選んだ人を何かが足りない人と見るのは私はよしとしないけれど)
1本目に選んだボトルというのは、その人の使命だとか本質だとかそういったものを反映しているといわれるわけで、

想像してみてください。

あなたは何かが足りない人です前提で話を進められる気持ちを。
こちらが最近こんなことに気づいたんだだとか、このボトルを見るとほっとするだとか塗ってみたら落ち着くだとか話しているにもかかわらず、癒されていない人認定される気持ちを。

私の本質は否定されるべきものなのですか?

『あなたが選ぶボトルはあなた自身』

とはオーラソーマのテーマともいえる言葉なのだが、
まあ、
そういうことですよ。





それでも私の1本目を『美しい』『深い』『純粋』などとフィードバックしてくれる方も確かにいてくれて、そのような方のおかげで私は安心して自分のギフトに自覚的になれる。
先日参加した美音さんのワークショップでもそうだった。
あの時は自分が惹かれる下層ディープマゼンタのボトルと向き合ってから(私は例の如く大天使メタトロンを選びましたよ)、美音さんオリジナルのスプレッドでトートタロットのパスワーキングを行ったのだが、
その中で私の本質としてのクリアーは『純粋さ』だと捉えることができた。
ドロドロを追い求めても見つからないわけだ。

(いや…私の奥深くに潜むドロドロしたものと向き合わないと向き合わないとと思ってきたんですよ…ほら、自分の中の醜い部分から目を反らすなとか言うじゃないですか…)
(そう思っていろんなワークやセラピーを使って自分と対峙してきたのだけれど、そこで見える自分は自分の想定を超えることがなく…)
(それって掘り下げが足りないのかな、目を反らしてるのかな、と思って更に…の繰り返しだった気がするのだ)

そして私がもたらしうる癒しはヴァイオレット的なものよりもやはりディープマゼンタ的な…希望のないように見えるところに希望を見出すようなものであったことにも気づいた。

だとすれば、
こうしてクリアーやディープマゼンタを選ぶことで受けた誤解も無駄ではなかったのかもしれない。
その痛みを知るからこそ、その痛みを持った他者への理解が持てるのかも。

私は1本目に選ばれたボトルにはいつでもその人の美しさを見出していきたい。
実際、美しくない人など存在しない。
ピンクやブルーやイエローなどと同じく、
クリアーだって色であり、
ディープマゼンタだって色なのだ。

ガイドライン的に私の見解は誤りかもしれない。
けれど、
私はその人の語る言葉を大切にしていきたい。
できる限り色眼鏡をかけて相手を見ないように。
(クリアーな視点で、ね)



* * * * * * * * * * *



できるだけ誰かを責める形でないような文章になるよう何度も書き直していたらえらく時間がかかってしまった。
(これてもだいぶマシになったほうなので、それでも傷つく方がいましたらすみません)



まあそんなこんなでトートタロットをサポートに使うのはとても私にとって有効なのではないかと気がついた。
それまでタロットに興味はあったけれど(子供の頃トランプ占いが好きだったりしたもので)、どうも『アドバイスしてあげる/もらうもの』という印象が強くて、なかなか手が伸びなかった。
私はアドバイスがしたいのではなく、自ら気づいていくお手伝いがしたいだけなので。
(基本『自分でやんなよ』派)
けれどトートタロットのパスワークという手法であれば自分自身で答えを見つけていけるのだと知った。
更にオーラソーマの4本選びと組み合わせると、辛い思いをせずに自分の本質と向き合えるのだと。

私はこれでいこう。




そうしたら、
師匠(勝手に師匠認定)の美音さんがオーラソーマとトートタロットを組み合わせたセッションを始めるそうです。
これは楽しみ!
一度は受けたい。




* * * * * * * * * * *



まあ、
現職についてはなんでまあこんなにも自分に合わない仕事に就いたかね…orz
という気持ちでいっぱいな昨今。
(2月中に受けたクリスタルのセッションで気づいた)
私はやはり若い頃から自分が望んでいた形が自分の本質とフィットしていたのだった。
とても繊細なので、休みがたっぷり必要だし、そもそも地球時間とは違う時間が自分の中で流れているので、所謂社会人の枠に嵌るような仕事では生きないのだ。
なのに現職は自分のペースなどというものはないし、他者の面倒を見ざるを得ないし、決まりきった形に沿わないといけないし。
しんどいです。
変に疲れる。
とはいえ、そういう意味では地球の生活を知るいい機会なのだろうし、まあ、いろんな人がいるんだなあ、と知ることができたのは無駄ではなかったかな。

けどいつまでも自分が生きない場に自分を置くつもりもないので、自分の中で現職のエンドを決めないとなと思っている。
(自分で決めないとズルズルと続けることになりそうなんだよね…)



最近トートタロットを毎日引いているので勉強のためにもそれをアップしようと思ったけど、いいかげん長くなったので、またの機会に。

2017/02/22(Wed)白日の下にさらす セラピスベイ


現在、

B54 セラピスベイ(クリアー/クリアー)
ポマンダー オリジナルホワイト
クイントエッセンス セラピスベイ

を使用中。
私にとって白一色の景色は癒しとやすらぎの象徴だ。
一面の銀世界。
太陽の光を浴びてきらきらと輝いている。
空気は澄んでひんやりとしていて。
セラピスベイに、それと同じような感覚を覚えている。




最近立て続けに、
上手く隠そうと画策したことが結果的に明るみに出てしまった
という経験をした。
私自身がやらかしたこともあれば、他の人のミスが結果的に、というのもあり。
もう隠し事はできねーな…

隠す必要なんてもうないのかも。

もう逃げも隠れもしないぜ。←逃げたり隠れたりしてたん?



セラピスベイの上下クリアーには、
白日の下にさらす
といったようなテーマもあるのかもしれない。
隠されていたのは悪事とは限らない。
自分の素晴らしい才能なのに、様々な条件付けのために欠点だと思い込んで奥深くに押し込めたものもあるかもしれない。



なんてことに気づかされたのが、
2/19(日)に参加した美音さんのワークショップ だった。
テーマは魚座とディープマゼンタと癒し。
最後にトートタロットを用いてパスワーク(自己リーディングのような感じのもの)。
その時に、それはもうどうしようもなく私の才能なのに、必死に隠してきた、ないものにしてきた、そういったものたちが白日の下にさらされたのだった。

詳細は気が向いたら改めて。



うん、
私がやりたかったことは、
むしろやるべきことだったよ。
そして、
いったんオーラソーマを仕事にすることから離れたけれど、
やはり私はオーラソーマを愛していて、またオーラソーマのアプローチは私の才能のひとつだった。
あと、タロットリーダーもやってみたらおもしろいことになりそう。

この2点は要検討課題だ。

しょうがない。
私にカタギの仕事は無理っす。
というか、カラーセラピストとかタロットリーダーとかはカタギの仕事ではないのか??
家族や親戚連中はそう思っていそうだけど。
だがそれがなんだというのだ。

だから何?

私の人生は私のものだぞ。



逃げも隠れもしないといえば、
今まで「私が言うようなことでもないか…」と口をつぐむこともしばしばあったのだが、
それは誰のためにもならないと気づいた。
むしろ全部開示したほうが、それをよしとしない人は離れていくだろうけど、逆にそういう人とつながっている必要もないよな、と。



* * * * * * * * * * *



2/19は帰宅後、フィギュアスケート四大陸選手権男子シングルフリーの最後の3選手の演技を観たらもう疲れちゃって疲れちゃって(汗)
枠から飛び出した彼らの、まさに異次元の演技。
特に羽生結弦選手の驚異のリカバリーとすべての要素の高い完成度に、なんというか、価値観をひっくり返されるような…
圧倒された。
彼は今フィギュアスケートの究極の姿を体現しているのだ、と思った。
といってもここがピークなわけでもない。まだまだ上積みできる。
ネイサン・チェン選手や宇野昌磨選手も可能性のかたまりだけど、羽生選手にもいまだポテンシャルがある。それってすごいことだなと。

世界選手権、また来年の平昌五輪はどうなっちゃうの…

人間、自分の枠からあまりにはみ出たものに遭遇すると、こんなにも消耗するものなんだね(汗)

2017/01/26(Thu)つれづれ / 誕生日




私が今一番したいこととは、
実を言うと、

東北全体をじっくり旅する
なんなら住む

なんだけど、
それを思う時、すぐにダメ出しがくるのですよ、脳内で。
「えっ、東北全体をじっくり旅するって、いくらかかると思ってんの?」
「えっ、そんなんで生活していけるわけないでしょ」
「えっ、そうしたらすっごく安いアパート探さないとじゃん。仕事も探さないと。望みの仕事なんてなかなか見つからないでしょ。今まで探してきたじゃん」
などなど…

そのくせ、
自分の本当にやりたいことは何だろう?
なんて探し続けていたりして。


私のやりたいことは、
間違いなく、
東北全体をじっくり旅することです。
なんなら住んじゃうことです。

まず、これをやってみることではないかな。
これをやることによってその先の道が見えてくるのではないか。

何も『やりたいこと』を終着点にしなくてもいいよね。
ひとつやりたいことをやってみると、次の扉が自ずと開くのではないか。

なんて今更ながら思ったのだった。



* * * * * * * * * * *



1/23に引いたトートタロットを見て思ったことで、
ひとつ大きなことを書き忘れた。

コントロールフリークはもう卒業しよう。

そう思ったんだよね。
うまいこと流されていけばいいんじゃね?
どうせうまくいくから。
そう思った。

人生、何が災いするかわからないし、
何が幸いするかわからない。
やらかした、と思ったことが実は後々の危険回避につながった、
なんてことはこれまで幾度となく経験している。
実は最近そういうことが多い。
結果的にいいほうに転がった、というやつ。

相変わらずムカつくこともへこむことも数多くあるけれど、
だから不幸なわけではないし、
だからうまくいってないとは限らない。
これが、これで、うまくいっているのかも。

というか、もういちいち『これはいい』『これは悪い』なんて決めなくていいよな。
『これ』はただ『これ』でしかない。
そしてこれはこれでいい。



* * * * * * * * * * *



47年前の今日、この世に生を受けた。
これまで出会った全ての皆さまに心より感謝いたします。
これから出会う全ての皆さまにも感謝。



トートタロットを引いてみた。
オーラソーマの4本選びと同じように、4枚引いた。

18 The Moon(逆さ)
カップの8 Indolence(逆さ)
カップのエース(逆さ)
4 The Emperor

自分を満たすこと。
それは多分、感情の領域で。
または無意識の領域。
(多分自分が気付いていない領域)
そうして、自分の世界を統べることができる。

そんな感じを受けた。

誕生日記念に引いたので、これが私の今年のテーマなんだろうな。

自分を満たす。
今まで自分で認識していなかったレベルで。
自分の人生の統治者となる。



上記のカードにオーラソーマのイクイリブリアムボトルを当てはめると、

B18 エジプシャンボトル1(イエロー/ヴァイオレット)
またはB96 大天使ラファエル(ロイヤルブルー/ロイヤルブルー)
B43 クリエイティビティ(ターコイズ/ターコイズ)
B50 エルモリヤ(ペールブルー/ペールブルー)
B4 サンボトル(イエロー/ゴールド)
またはB82 カリプソ(グリーン/オレンジ)

こうしてイクイリブリアムボトルに置き換えてみると、また見えてくるものがあるな。
それについてはまたの機会に。
(つまり疲れました 汗)



◇お読みくださいましてありがとうございます◇

2017/01/24(Tue)1/23 トートタロットとV




やはり毎日は無理でしたな(汗)

毎日トートタロットを引いているわけではないです。
引いたり引かなかったり。
日曜日は酷い頭痛と吐き気で、月曜日の午前中もそれを引きずってめまいが酷く、ずっと布団の中で過ごした。
そんな日はさすがに引けないしね。

スマホもろくに見られないね、そういう時は。



今回の体調不良はなんていうか、先週中頃に非常にブチ切れる出来事が会社でありましてね、そこで溜めてしまった破壊的なエネルギーがリリースされる必要があったのかなと。
ものすごく緊張が身体に溜まっていて。

痛みや不快感の中で横たわりながら、今回はその痛みや不快感から逃げずにそれをただ感じてみた。
どのみち逃げられない。
だったらもういい。来るなら来い。

そういえば今まではこういう時に、
「こんなことになったのは○○だからだ」
「こんなことになったのは○○しなかったからだ」
と、体調不良を何かの罰のように扱っていた気がする。
今回はそれをやめた。
前述したように、こうなる事情があったのだ。
きっとこうなる必要があったのだ。
ならば仕方ないのだ。

そうして受け容れてみると、
体の症状はめっちゃキツイんだけど、心はしーんと静まりかえっていた。
楽だわ、この心持ち。

体調不良の自分とも症状とも戦わない。
それってこんなに精神的に心地よいものなのだな。

ふっと力が抜ける。



症状は一進一退という感じだったが、月曜日の夜にはだいぶよくなった。
今日は普通に1日仕事をこなすことができた。
まだめまいが残っていたりするが。



これを打っていて気がついた。
今週はこれまで心が折れたりブチ切れたりすることがない。
ちょいちょいへこみかねない過去のミスが今頃発覚していたりはするが。
ちょっとその辺の感覚が鈍っているというか。

それは悪くない感覚だ。

私はすぐに戦闘態勢のスイッチが知らず知らずに入ってしまう。
そのスイッチのセンサーが鈍っているのはいい。
もう戦争時代ではないし、原始時代でもない。
食うか喰われるか。
そんな時代に生きていない。

もうそういう生き方はやめる。



* * * * * * * * * * *



昨日は以前美音さんのワークショップで教えてもらった生命の樹スプレッド(?)をやってみた。
あ、トートタロットの話です。

並べたものを見て、タロットの解説を読んで、
感じたことを大雑把に言うと、

・今までずいぶん思い込みやぐるぐる思考などで自分を痛めつけてきていたんだな
・とにかく自分の中心に根付くこと
・ぶっちゃけ、何もしたくないよね?
(そしてそれ、多分正解)

という感じかな。
(完全に個人の感想です)



で、
上記の結果を端的に2枚で表してください
といって引いた2枚。

7 The Chariot (逆さ)
1 The Megus(逆さ)

なんだろ、
自分にはパワーも知恵もあるんだってちゃんと信じましょう
って感じかな(個人の感想です)。

私にはパワーも知恵もない
と信じているほうが楽だと思っていたんだよね。
多分。
私には何もないから、がんばる。
何を?
わからない。
がんばることをがんばる。
がんばってんだから、認めてよ。
こんなにつらいのに我慢してがんばっているのだから、それ相応のものをください。
くれたらいいでしょ。
ちょうだいよ。
何でくれないの?
私がダメなやつだから?
やっぱダメなんだ。
そっか。

もっとがんばらないと。



…疲れる(笑)

もう終わりです。
私は必要なものを持っている。
仮に持ってなかったとして、それがどうした。
なくたっていい。
ない=ダメ
なんて短絡的な思考はこれっきりだ。
なくたっていいんだ。

まあ、あるんだけど。



そう。
あるんです。




また収拾つかなくなってきたのでこれにて。
ここまでお読みくださってとってもありがとうございます。

2017/01/15(Sun)1/15(日)のトートタロット



先日、通販でトートタロットを購入した。
特に勉強したわけでもないので、とりあえず慣れるために毎日引きながらトートタロットの解説サイトを眺めている。
引き方は適当(笑)とりあえず慣れるのが目的なので。
そのうち他者へのリーディングができるようになるといいかな。どうかな。



トートタロットに興味を持つに至ったきっかけは、昨年11月に美音さんのワークショップに参加したことだった。

【終了】ワークショップ・・・「自分の成長地図を手に入れる」 | トート・タロット占いカウンセラー・美音 §新宿・新南口§
http://ameblo.jp/pink-turquoise/entry-12222290446.html

トートタロットのイメージ喚起力に感じ入ったのと、『逆位置』という解釈をしないところがオーラソーマタロットと似ていると思ったのと、あとは…
多分美音さんのナビが巧みで私の中でトートタロットの印象がよかったんだろうな。
何のワークを受けるかより誰から受けるかのほうが今の私にとっては大切らしい。



そんなわけで、
試しに引いたものをできたら毎日アップしてみようかなと。
毎日必ず、と決めると負担になりかねないので、気が向かない時はやりません(おい)

…実は、
オーラソーマが大好きでオーラソーマコンサルテーションをするのも受けるのも大好きなんだけど、
提供する立場に立った時、ボトルフルセットが必要というのは私にとって案外負担だなあ、と(汗)
25mlボトルを生産しなくなって持ち運びが事実上不可能になったら、固定の場所が必要になって、
それを整えるまでコンサルテーションができないのでは、ね…
もしトートタロット(や数秘術とか占星術とか)でのコンサルテーションにオーラソーマと同じくらいの情熱を持てるようになったら、それも私のお供にしたいな、という気持ちがある。
そこまでの情熱を持てるかどうかはやってみないとわからないことだから、トートタロットを入手した今、やってみましょうと。
そんな感じ。



* * * * * * * * * * *



前置きが長くなった。
早速今日のカード。

引き方は、
カードをシャッフルし、ひと束にまとめた時に一番上にあるカードをメイン、一番下にあるカードをサブとしてみてみようかと。
シャッフル中に飛び出たものにも注目。


メイン
ワンド6『Victory』

サブ
スウォード3『Sorrow』(逆さ)

ジャンピングカード
21 『The Universe』

実は休みのたびに、
休みが終わって現職に戻るのが嫌で嫌でたまらない状態に陥っている。
毎週毎週。
もう精神的に負担で仕方ない。
仕事中はそれなりにこなしているのだけれど(それなりに嫌な思いもしつつ)、週末になって緊張を解くともうダメ。
もう戻りたくない。

そんな気持ちが表れたカードだなと。
その辺がスウォード3に出ているかな…

先ほどトートタロットには逆位置という解釈をしないと書いたが、
逆さに出た場合『気づいていない、または見ようとしていない部分』を表していると美音さんが話していたような…

ということは、
自分の中の『悲しみ』を見ないようにひたすら頑張ってきたと言えるのかも。
で、ワンド6。

私、自分のことを『上手くいってない奴』と決めていたような気がする…
「なんでまた自分に向いていない、自分を辛くしかしない仕事に就いちゃったんだろorz」
と思うばかりで。

もし、それすら大きな流れのなかでは上手くいっているのだとしたら?
自分にはそう見えないとしても、これもまた調和のとれた状態なのだとしたら?

それは『嫌だと思うのは間違い』というのではなく、『嫌だと思うのも含めて正解』ということなのかな、と思うのだ。
嫌なものは嫌なので、それとどう付き合っていくのかは自分で選んでいいんだよな。
極端な話、辞めたっていい。
ずっと『辞める訳にはいかない』と思ってきたけれど、んなこたあない。
向こうが突然バッサリ切ってきたりするかもだし。
我慢して我慢して強制終了、なんてことになったら同じことだし。

そして、
そんな気持ちのまま続けたって別にいいんだよね。
嫌なことを嫌なまま続けることをよしとしない部分が自分の中にあって。
多分、白か黒かはっきりしないままいくのが嫌なんだろうな。

まあつまり、
なんでもいいんだよ。

仕事のできる人でなくたって仕事はこなせるし、
仕事ができなくたって仕事はこなせる。

ダメダメでもいい。

というか、嫌なものにそこまで心血注ぐ必要もなくね?(笑)

つまり、
これはこれでいい。
自分の好きなことに情熱を傾ければいいのであって、そうでないものはそれなりに(懐かしい 笑)。

あれ…長くなった。
相変わらずまとまりがないがこれにて。
ここまでお読みくださいまして誠にありがとうございます



2017/01/10(Tue)真っ白な




画像はアートビーング様より拝借




休みの最終日は会社へ行きたくなさが怒涛のように襲ってきてつらい。
特に今の職はこれがひどい。
体調を崩すくらい。

逃げるわけにはいかない、と思うからこそ、体調に出るのかも。



それはともかく。

今更シガーロスの9年前の曲『All Alright』にハマり、ヘビロテ中。
個人的なイメージは、
雪が降り積もった翌日、よく晴れて青空と雪とのコントラストが美しく、白い雪が陽の光を反射してきらきらと輝いている感じ。
それは私の中の癒しややすらぎのイメージ。

私の中の
B54 セラピスベイ(クリアー/クリアー)
のイメージ。




オーラソーマで癒しとかヒーリングとかいうと多分ヴァイオレットなんだけど、
私にとって癒しの色は白だったりクリアーだったりするんだよね。

真っ白な世界で、
ただ、私でありたい。




そういえば、昨年にも『真っ白』をテーマに書いたな、
と思って探してみたら、
1年近く前だった。



うーん、私、疲れてる??

プロフィール

*chiaki*

  • Author:*chiaki*
  • 1/26生まれみずがめ座A型
    静岡県沼津市出身
    オーラソーマ(R)プラクティショナー
    サッカー:清水エスパルス(J1)、アスルクラロ沼津(JFL)、東北の各チーム
    しかし最近はなかなか生観戦できず
    フィギュアスケート:羽生結弦選手、佐藤洸彬選手、高橋大輔さん、ジョニー・ウィアー、ステファン・ランビエール
    広大なネットの海の中、見つけてくださいましてありがとうございます
    ただのチラシの裏ブログです
    素直に正直に綴っているだけの何の役にも立たないブログへようこそ
    尚スパムの匂いぷんぷんなコメントは勝手に削除いたしますのでご了承を

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。